★雨文通操作(お役立ち)

 
★ 不要となった項目があれば削除するので、連絡ください
 

Gメールを使う

▼▼▼まずGメールのアプリ・ソフトを入手する▼▼▼
 
(1) ランチャーの「Ubuntuソフトウエアセンター」をクリック
 

 
(2) センターの情報が表示されるので、「インターネット」をクリック
 

 
(3) 「メール」をクリック
 

 
(4) 「Gnome Gmail」を選択クリック
 
   無料アプリがたくさんあるが、とりあえず「Gメール」を選択
 

 
(5) インストール
 

 
(6) ほどなくインストール完了(あとで使わなくなったら「削除」できる)
 

 
▼▼▼アカウント(登録)設定▼▼▼
 
(7) ランチャーの「Dashホーム」をクリック
 

 
(8) Gメールソフトを呼び出すために、「g」と入力
 
   すると関連するものがいろいろ出てくるので目的の「Gnome Gmail」をクリック
 

 
(9) 注意メッセージが表示されるが、「はい」で進む
 
   「Don't ask again」をクリックしておくとよい
 

 
(10) グーグル・Gメールのページが開くので、「アカウントを作成」クリック
 

 
(11) 必要事項を入力
 
   ユーザー名・パスワードは重要、あらかじめ紙に書いて用意しておくとよい
 

 
(11) 入力終了
 
   アカウントされたことの通知
 

 
  上の赤い部分はワシが登録したアドレス
 
(12) 設定作業開始
 
   このような進捗状態を示す画面が出てくるが、「次へ」をクリックして先に進む
 

 
(13) 作業完了
 
   「次へ」を進んで行くと、これで終わり
 

 
▼▼▼「Gメール」アイコンをランチャーに乗せる▼▼▼
 
(14) いつでも利用したすいように、ランチャーに乗せておくとよい
 
   ランチャーの「Dashホーム」をクリック
   Gメールソフトを呼び出すために、「g」と入力
 
   「Gnome Gmail」をドラッグしてランチャーの上へ
 

 
(15) 「Gメール」アイコンがランチャーに乗った
 

 
▼▼▼Gメールを使用▼▼▼
 
(16) 「Gメール」の画面を開いたところ(縮小したので文字が小さく見ずらいかも・・)
 

 
アカウント登録完了と同時に3通のメールを自動受信
 
このあと、実験的に最初のメールを作成して防止岩に送った(本人確認で無事届いた)
 

 

ワークスペースを活用する

マックではスワイプ操作で画面を変えることができるが、リナちゃんでは「ワークスペース」を切り替えることで画面を変えることができる
雨文通では4画面ある (ヴァインなら6画面、最軽量パピーなら2画面)
これを有効利用しよう
 
(1) ランチャーの「ワークスペーススイッチャー」をクリック
 

 
(2) 4画面が表示される
 

 
(3) 望みの画面に切り替えて作業
 
ちなみに、私は
  1. (左上)メールをフルスクリーン
  2. (右上)ブラウザで閲覧や編集
  3. (左下)動画やファイル管理
    ここでダウンロードした動画(音楽)を流しっぱなしにしておいて他のワークスペースで何かをする
  4. (右下)必要に応じていろいろ
のように使い分けている
こうすることで単一画面上にごちゃごちゃ散らかることがなくなる
 
なお、ワークスペースの切り替えは「スイッチャー」をいちいち操作せず、 または で瞬時に行うこともできます
 

 

動画をダウンロードする

インターネット上(ユーチューブなど)の動画をダウンロードして自分のパソコンに保存しよう
そうすると、あとでいつでも好きなときに鑑賞できる
 
(1) 動画を見る
 
(2) ブラウザ(ファイヤフォックス)の右上「ビデオ・ダウンロードヘルパー」アイコンをクリック
 

 
(3) プダウン・メニューから適当な(自分が望む)タイプを選ぶ
 

 
(4) 次に「クイック・ダウンロード」を選ぶ
 

 
(5) ダウンロードが始まる
 

 
ダウンロードした動画は「ホーム」フォルダ内の「dwhelper」とゆうフォルダに保存される
あとで別のフォルダなり、外部記憶装置なりに移動すればよい
 
午後から夜にかけては閲覧者が多いせいかダウンロードに時間がかかる
大きいサイズの動画は早朝から午前中にダウンロードすると時間がかからない
 

 

プリンタを使う

 
(1) プリンタの電源オンでUSBケーブルをパソコンにつなぐ
それからランチャーの「システム設定」をクリック
 

 
(2) マックロがいうところの「コントロールパネル」が現れるので、「印刷」をクリック
 

 
すると次の小窓が表示される
 

 
【注意】ここでは露境辺地の設定がすでに終わってるので、登録済みのプリンタが表示されている
新規の場合は、ここで「追加」をクリック
 
もしエプソン社のプリンタなら、雨文通が自動的に機種を判別、最適なドライバをインターネットからダウンロードかつインストールしてくれるので手間いらずです
 
(3) ドライバを選択
 

 
メーカ別に大量のドライバが出てくるので、その中から最適なものを選ぶ
 

 

USBフラッシュメモリを使う

 
(1) パソコンにつなぐと、それを認識してランチャーにアイコンが追加され
同時にフラッシュメモリ内のデータが表示される(Aの部分)
 

 
(2) データをパソコン内にコピーする、または逆にパソコン内のデータをフラッシュメモリ内にコピーする
ためには、パソコン側のフォルダーを開く必要がある
 →→■デジカメの写真をパソコンに保存する 手順(5) 参照
 
(3) USBフラッシュメモリをパソコンからはずすとき
 
ランチャーのアイコンをクリックしてサブメニューを表示
 

 
ここで「安全な取り出し」をクリックすると、上のAのウインドウが消える
このあと、フラッシュメモリをパソコンからはずす <作業完了>
 
【参考】 SDカードを使うときもまったく同じですが、次のようなアダプタがあると便利です
これは数年前に購入し、重宝してます
 

 

 

デジカメの写真をパソコンに保存する

 
ここの記事は削除しました