• 施設利用案内
  • 団体利用案内
  • イベント案内
  • 利用のルール
  • 自然観察路のコース紹介
  • みどころ情報(ブログ)
  • 春国岱の自然といきもの
  • 施設ボランティアの活動
  • トップページへもどる

自然観察路

◇春国岱・自然学習林の自然観察路◇

春国岱地図

春国岱・自然学習林コース

1)ヒバリコース(1.2km/徒歩約25分)

 春国岱駐車場からスタートするコースで、キタキツネコースとの分岐点までは木道、その先は砂丘を歩きます。北側はエゾノコウボウムギの草原が広がり春から秋にかけてヒバリが多く見られます。南側は湿地帯でオオシバナ、アッケシソウ、ウミミドリなど塩性湿地の植物がみられます。また、コース南側の春国岱湾には、カモやハクチョウ、シギ・チドリ類(いずれも春と秋)が集まります。

2)ハマナスコース(片道1.4km/徒歩約30分)

 ヒバリコースに続くコースで、北側の砂丘には四季折々にさまざまな野草が咲きます。南側の湿地(中谷地)にはカモ類、シギ・チドリ類(いずれも春と秋)が羽を休め、時折タンチョウが食べものをとりに姿を見せます。冬にはユキホオジロが見られることもあります。

3)キタキツネコース(片道0.8km/徒歩約20分)

 ヒバリコースの途中から木橋を渡り、湿原と草原を歩くコースです。川、草原、湿原、塩性湿地、立ち枯れの木々が並ぶ場所とバラエティに富んだ自然環境を見ることができます。アカエゾマツコースとの分岐までは木道、その先は土の道で、ぬかるんでいることが多いので、長ぐつ着用をおすすめします。

4)アカエゾマツコース(片道0.5km/徒歩約15分)

 キタキツネコースから分かれて森林のまぎわまで木道を歩くコースです。アカエゾマツ、トドマツの針葉樹林の倒木上に、マイヅルソウや樹林の実生が育つ風変わりな風景も見られます。オオアカゲラ、アカゲラなどのキツツキ類やルリビタキ、キクイタダキなど高山性の野鳥に出会えます。

5)小鳥の小道(一周1.4km/徒歩約40分)

 ネイチャーセンターに隣接する自然学習林内を周回するコースで、森林内には大きなミズナラ、ヤチダモ、ハルニレなどの広葉樹が茂り、野草の種類も豊富で、キツツキやカラの仲間が見られます。動物の種類も比較的多く、エゾシカやキタキツネなど大型の哺乳動物のほか、エゾリス、ネズミ類、コウモリ類、エゾモモンガなどが暮らしています。春にはキタミフクジュソウやミズバショウ、エゾオオサクラソウなどが咲き誇ります。

 

おすすめコース

1)一般的なコース(往復約4km/所要時間約2時間)

ネイチャーセンター~ヒバリコース~キタキツネコース(木道)~アカエゾマツコース (往復)

 もっとも一般的なコースです。所要時間は歩く速度にもよりますが、1時間30分から2時間ぐらいです。草原、湖、湿原、塩性湿地、森と、春国岱の多様な環境を感じることができます。3時間以上時間があれば、ゆっくりと風景や鳥たちとの出会いを楽しむことができるでしょう。

2)健脚コース(往復8.4km/所要時間約3.5時間)

ネイチャーセンター~ヒバリコース~ハマナスコース (往復)

 ネイチャーセンターから春国岱の第一浜提先端にむけて歩くコースで、所要時間は往復およそ3.5時間です。春国岱の草原地帯を歩くコースで、木道はありません。右側に海、左側に湖や湿原、砂丘などの広大な風景が広がります。湿原ではタンチョウが、海側ではオジロワシ、季節によってカモの仲間、カモメの仲間、シギやチドリの仲間を見られることがあります。


住所


Copyright 2015 Nemueo City Hall. All Rights Reserved.