• 施設利用案内
  • 団体利用案内
  • イベント案内
  • 利用のルール
  • 自然観察路のコース紹介
  • みどころ情報(ブログ)
  • 春国岱の自然といきもの
  • 施設ボランティアの活動
  • トップページへもどる

春国岱とネイチャーセンター

春国岱(しゅんくにたい)は、オホーツク海と風蓮湖の間に横たわる細長い砂州です。3千年~千5百年のときをかけ堆積した3列の砂丘には、海岸、草原、湿原、森林、干潟など多様な環境が存在します。春国岱・風蓮湖は、これまでに約310種の野鳥が記録され野鳥の聖域と言われています。根室を代表する自然の宝庫です。

2005年にはラムサール条約に登録され、2010年には東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワークに参加し、湿地や水鳥の生息地の保全を行っています。

根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは、野鳥をはじめとする野生動植物の宝庫である春国岱(しゅんくにたい)の自然環境保全と環境教育的活用のため、根室市が建設し、平成7年4月にオープンした施設です。ネイチャーセンターでは、レンジャー(自然専門職員)が常駐し、春国岱および周辺地域の自然環境の調査および利用者の方々へのさまざまなサービスを行っています。

館   長 浦﨑 文敏 (根室市水産経済部農林課長)

管理担当者 高橋 雄一 (根室市水産経済部農林課 林務・自然保護主査)

       三好 達夢  (根室市水産経済部農林課 林務・自然保護担当)

自然専門員 古南 幸弘  (公益財団法人日本野鳥の会 チーフレンジャー)

       善浪 めぐみ (公益財団法人日本野鳥の会 レンジャー)

ネイチャーセンターの利用案内

開館時間: 午前9時~午後5時(10月~3月は、午後4時30分閉館)

休館日 : 毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は、その翌々日)

      祝日の翌日、年末年始(12月30日~1月5日)

入館料 : 無料

1階フロアー 2階視聴覚研修室

交通アクセス

1)JR根室本線(花咲線)根室駅から、根室交通「厚床」行きバス乗車。

  「東梅(とうばい)」バス停下車。徒歩2分。

2)根室中標津空港から、「根室バスターミナル」行きバス乗車。

  「東梅(とうばい)」バス停下車。徒歩2分。

3)根室市街より、車で15分(国道44号線沿い)

経路

住所


Copyright 2015 Nemueo City Hall. All Rights Reserved.