Mozart con grazia > 交響曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16

73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.130 交響曲 第18番 ヘ長調

  1. Allegro ヘ長調 4/4 ソナタ形式
  2. Andantino grazioso 変ロ長調 3/8 ソナタ形式
  3. Menuetto ヘ長調 3/4 複合三部形式
  4. Molto allegro ヘ長調 4/4 ソナタ形式
編成 2 fl, 4 hr, 2 vn, va, bs
作曲 1772年5月 ザルツブルク
1772年5月




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

1771年8月13日に第2回イタリア旅行に出たモーツァルト父子は、12月15日にザルツブルクに帰郷した。 その翌日、寛大であった大司教ジギスムント・フォン・シュラッテンバッハが死去。 後任のコロレド伯が翌1772年3月に着任した。 この間に交響曲としては2つ(K.114, K.124)が作曲され、新大司教になってからは相次いで3つ(K.128, K.129, K.130)が作られた。 これら3曲について作曲の動機は不明だが、新大司教に対して、イタリア風のシンフォニーもドイツ風のシンフォニーも作れる力量があることを示すために書いたのではないかとも思われている。 この曲は5月に一緒に書かれた3曲の一つであるが、その性格はむしろそのあとに続く第19番と似ている。 それは次の表をながめるといっそうよく分かる。

作曲月
楽章数楽器編成
1771.12第14番 K.114 42 fl, 2 ob, 2 hr, 2 vn, va, bs
1772. 2第15番 K.124 42 ob, 2 hr, 2 vn, va, bs
1772. 5第16番 K.128 32 ob, 2 hr, 2 vn, va, bs
1772. 5第17番 K.129 32 ob, 2 hr, 2 vn, va, bs
1772. 5第18番 K.130 42 fl, 4 hr, 2 vn, va, bs
1772. 7第19番 K.132 42 ob, 4 hr, 2 vn, va, bs
1772. 7第20番 K.133 4fl, 2 ob, 2 hr, 2 tp, 2 vn, va, bs
1772. 8第21番 K.134 42 fl, 2 hr, 2 vn, va, bs

すなわちホルンが4つ使われていることである。 作曲の途中でホルン4本にするため、さらに2本分の譜が追加されたのである。 ザスローによれば

モーツァルトは、慣習どおりF管ホルン1組を念頭に置いて第1楽章に着手し、第2楽章アンダンティーノを書き進めた。 しかしメヌエットに達するまでに、もう1組のホルンを書き加える決心をして、この楽章とフィナーレにはそれが入っている。 その後彼は冒頭に戻り、第1・第2楽章の譜表間の空白に、追加のホルン・パートを書き加えた。 ホルンの名手、イグナーツ・ロイトゲープがヨーロッパ・ツアーからザルツブルクに戻ったことが、変更を決心させたのかもしれない。
[全作品事典] p.232
そしてザスローは第3楽章のトリオにロイトゲープのために特別な工夫をこらした箇所を指摘している。 4本のホルンを使うという試みは次作 K.132 へ引き継がれるが、さらにこの曲には楽器編成の点でほかとは違う点がある。 その違いとはオーボエなしで、フルートを使っていることであり、そのため「この交響曲は独特の音色をもっている」(ザスロー)のである。 4本のホルンを使うこと、またオーボエなしで、フルートを使うことはどちらも彼の交響曲としては初めての試みであり、その意味でもモーツァルトはこのシンフォニーの作曲には何か特別な動機をもっていたものと思われる。 ただしこの曲に込められた様々な工夫が新大司教にどれだけ通じたか。
なお、上のシンフォニーの自筆譜のどれにも書かれてあるように、この曲でもモーツァルトが「シンフォニア」と書いたあとに、父レオポルトが「騎士ヴォルフガンゴ・アマデーオ・モーツァルト、1772年7月ザルツブルクにて」と記している。

演奏
CD [ポリドール FOOL-20366] t=20'56
ホグウッド指揮エンシェント室内管弦楽団
1979-81年、ロンドン
CD [PMG CD160108] t=21'28
リッチオ指揮モーツァルト・フェスティバル管弦楽団
演奏年不明
CD [Membran 203300] t=16'11
Alessandro Arigoni (cond), Orchestra Filarmonica Italiana, Torino
演奏年不明
 
引用文献


 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/01/23
Mozart con grazia