Mozart con grazia > 年代記 > 1785年
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29

86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

1785年

29歳

1785年1月





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31





1月

7日、メーソンの集会があり、モーツァルトは第2位階の「職人」に昇進した。 前年あたりからモーツァルトの作曲の仕方が変わってくる。つまり、聴衆を対象としたものから自分自身に向けて作るようになった。 その大きな変化の原因は前年暮れにフリーメーソンへ入会したことと考えられている。

10日、ハイドン・セット第5番となる

を作曲。 シリーズ中で最大規模。 この曲全体を透明で柔らかな雰囲気が貫いている。

14日、ハイドン・セット第6番となる

を作曲。 第1楽章冒頭に不協和音に満ちた序奏があり、出版された当時、写譜の間違いとまで言われた。 主部はアレグロの明朗なハ長調になり、その対比が際だつ。この曲の成立と前年末のフリーメーソン入信との間に連関があるらしい。

15日、ウィーンのモーツァルトの家で、ハイドンを招き、新作の弦楽四重奏曲3曲を演奏した。

22日、父からナンネルへ

たった今、お前の弟から手紙を受け取った。その中に「最初の予約演奏会が2月11日に始まって、毎週金曜日に続けられること、 四旬節第3週目にはハインリヒのための音楽会があるので、私にもすぐにも来いということ、この前の土曜日に6つの四重奏曲をアルタリアに売って、100ドゥカーテンを手に入れ、その曲をハイドンや親しい人達に聴かせたこと」、そして最後に「書き始めた協奏曲にまた取りかかります」とある。
取りかかると言っているのは、ピアノ協奏曲K.466のこと。

28日、父レオポルトはザルツブルクを出発。29日に、友人マルシャンのいるミュンヘン到着。

31日、皇帝ヨーゼフ2世は警察長官に、「フィガロの結婚」の上演を禁止するか変更を加えさせるかするように要請した。 その結果、2月3日に予定されていた上演が禁止された。

1785年2月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28





2月

7日、父レオポルトはハインリヒ・マルシャンと共にミュンヘンをたち、ウィーンへ向った。

10日、予約演奏会のために

を演奏直前に仕上げた。 当日にやっとパート譜ができ、モーツァルトは全体を通して弾く時間もないまま会場に出かけた。 短調が基調となった初めてのピアノ協奏曲。 これはベートーヴェンも愛した曲で、カデンツァを書き残している。

11日、ハイドンはフリーメーソンの「真の融和」ロッジに入会。 モーツァルトがこの先輩に「辛苦の結晶」である6曲の弦楽四重奏曲を捧げたことは、このことと無縁でない。 ただし、ハイドンはこの年の暮れ頃に脱会したらしく、会のための音楽曲は一つも書いていない。

2月11日から4月25日まで、父がウィーンに滞在する。 11日に着くとすぐ、市の集会所だったメールグルーベでの息子の予約演奏会を聴いた。それは大成功だった。

12日、自宅にハイドンを招き、「ハイドン四重奏曲」の残りの3曲を演奏した。 演奏者は、父レオポルト、ティンティン男爵兄弟、そしてモーツァルト自身。 このときハイドンはレオポルトに

私は誠実な人間として神に誓って申し上げますが、あなたの御子息は私が個人的に知っている、 あるいは名前だけ知っている作曲家の中で、最も偉大な人です。 御子息は趣味が良く、その上、作曲に関する知識を誰よりも豊富にお持ちです。
と言った。 これが父と息子の最後の対面となる。 この頃は息子の仕事がうまくいっていたので、父は満足だった。 二人の長年のしこりも幾らかとけたようで、息子の勧めにより、父は4月4日にフリーメーソンに入会する。

1785年3月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


3月

2日、ハインリヒ・マルシャンの初めてのコンサートがブルク劇場であった。

9日、予約演奏会のために

を作曲。 初演は翌10日にブルク劇場で。

11日、父(ウィーン)からナンネルへ

お前の弟のフリューゲルは私がこちらにやって来てから少なくとも12回は、家から劇場に、あるいは他の邸に運ばれた。 ヴォルフガングはフリューゲルの下に大きなフォルテピアノのペダルを作らせたが、これは60センチぐらいの長さで、びっくりするほど重いのだ。 毎金曜日にはメールグルーベに運ばれ、またツィヒー伯爵やカウニッツ侯爵のところにも運ばれたりした。
フリューゲルとはモーツァルト愛用のヴァルター製のピアノで、5オクターヴの鍵盤がある。 鍵盤の色は現在のピアノと逆で、黒鍵は白く、白鍵は黒い。

13日、ウィーン音楽芸術家協会のために作曲した

を演奏。 作曲の時間がなかったので、ハ短調ミサ曲K.427に2曲の新たなアリアを加え、また新しく楽譜を作らず同ミサ曲のスコアに書き込みして間に合わしたものだった。

26日、父レオポルトがフリーメーソンの第2位階に昇格するのを祝うために

を作曲したらしい。

1785年4月




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

4月

1日 を作曲したが、紛失。 自作目録に記された主題4小節だけ残る。 また、冒頭のみ残る もある。

4日、父レオポルトがフリーメーソンに入会。早くも16日には異例なことに第2階級「職人位階」へ昇級した。

20日、フォン・ボルンの名誉をたたえる儀式(24日)のための

を作曲。

22日、モーツァルトはフリーメーソン第3位階「親方(マイスター)」へ昇進した。 この1ヶ月前に第2位階の「職人位階」へ昇進している。

24日、フォン・ボルンの名誉をたたえるためにロッジ「桂冠希望」での儀式で「フリーメーソンの喜び」が演奏された。

25日、父レオポルトはウィーンをたった。 息子はコンスタンツェを連れてプルカースドルフまで一緒に行った。 それが父子の最後の別れとなった。

1785年5月






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031




5月

7日、ヴァイセ詩による3つの歌曲 を作曲。

20日、フォン・トラットナー夫人に

を作曲。 ピアノ・ソナタK.457の前奏曲として出版された。

1785年6月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


6月

8日、ゲーテ詩による を作曲。 モーツァルトが最後の2行「かわいそうなすみれよ! それは本当に可愛いすみれだった」を書き足した。 この曲は、物語の展開に応じて音楽描写を変えていくロマン派リートの先駆けと名高い作品。
この前後の作と見られる がある。

1785年7月




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

7月

27日、ザルツブルクで、姉ナンネルの第1子レオポルト誕生。 父レオポルトは生涯この子の世話をした。

1785年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



8月

20日、ウィーンで、コンスタンツェの叔父フランツ・アントン・ウェーバーが結婚式を挙げた。 ランゲが立会人をつとめた。 作曲家カール・ウェーバー(1786〜1826)の親となる。

1785年9月



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

9月

1日、ヨーゼフ・ハイドンへ、弦楽四重奏曲6曲を贈る。
自分の子供を広い世間に送り出そうと決心した父親は、それを幸運にも自分の最上の友人となった高名な方の保護と指導に委ねるのが当然のことだと考えました。 親愛なる友よ、これが私の6人の息子です。 これらは本当に永い辛い努力の結実です。 なにとぞこれをご嘉納下さって、その父とも案内者とも友ともなって下さいますように。 今後私はこの子たちに対する一切の権利をあなたにお譲りいたします。 それゆえ、父のひいき目が見逃したかもしれない過ちを大目に見てやって下さり、そんな過ちがありましても、あなたの寛大な友情をこんなに大事に思っている私に対して、その友情をいつまでも続けてお持ち下さるよう、お願いいたします。

この頃、ナンシー・ストレースのために

を作ったらしいが、紛失。 ただし、これは1780年11月のK.365aと同じという。

1785年10月





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31





10月

16日、出版社ホフマイスターからの依頼で を作曲。 ピアノと弦楽三重奏のための四重奏曲というジャンルは極めて珍しく、ハイドンも手掛けなかった。 ホフマイスターとの契約では3曲作ることになっていた。

10月末
ボーマルシェ、ダ・ポンテ詞になるオペラ・ブッファ「フィガロの結婚」K.492の作曲にとりかかる。 完成は翌年4月29日。

1785年11月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930



11月

5日、ビアンキのオペラ「奪われた田舎娘」のために を作曲。 伯爵は力づくでマンディーナをものにしようとして、眠り薬を飲ませる。 娘の父ビアジョと婚約者ピッポがやってきて、目覚めたマンディーナをなじるが、彼女は訳が分からない、という内容。

10日頃、この月の6日と7日に相次いで死去した結社員フォン・メクレンブルク大公とエステルハージ伯爵のために

を作曲。
17日にロッジ「新桂冠希望」で行われた追悼式で演奏された。 ただし葬送曲でなく、メーソン仲間のフォン・ケーニヒが8月12日に「親方」昇進した際の祝儀式のためという説もあり、そのため「マイスタームジーク」とも呼ばれる。

20日、ホフマイスターに「どうしても入用のことがあるので、いくらかの金をできるだけ早く貸して欲しい」と救いを求めた。

21日、ビアンキのオペラ「奪われた田舎娘」のために

を作曲。 これは、四重唱K.479の前に歌われる曲。 伯爵はマンディーナを金で誘惑する。 娘はそれを単なる厚意として受け取るが、そこへ現われたピッポが二人を引き離す、という内容。

年末にかけて

を作曲しようとしたらしいが、「フィガロ」の方へ傾いて行った。

1785年12月



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

12月

12日、 を作曲。 その目的は不明だが、完成後すぐホフマイスターから出版された。

16日、年末の予約演奏会のために

を作曲。 急いだらしくメモだけの部分もある。オーボエの代わりにクラリネットを使っている点で、第22番〜第24番の3曲は彼のピアノ協奏曲の中で例外的な作品。

ヨーゼフ2世が当時ウィーンにあった8つのロッジ(メーソンの支部)を3つに再編成し、その中に新しく「冠された希望に」というロッジを作った。 このとき、多くの会員が退会し、ハイドンもその一人らしい。 モーツァルトはその新しいロッジをたたえるために、結社員のための合唱曲

を作曲。 この2曲は翌1786年1月14日ウィーンで演奏された。

この年の終り頃、ウィーンにおけるフリーメーソンの指導者の一人だったブルーマウエルの詞による

を作曲したらしい。


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2009/09/20
Mozart con grazia