Mozart con grazia > セレナード >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20

77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

セレナード第8番 ニ長調 K.286 (269a)

4つのオーケストラのためのノットゥルノ

  1. Andante ニ長調 3/4 三部形式
  2. Allegretto grazioso ニ長調 2/4 展開部のないソナタ形式
  3. Menuetto ニ長調 3/4 三部形式
編成 2 hr, 2 vn, va, bs (下記)
作曲 1776年12月か77年1月 ザルツブルク
1776年12月






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031




1777年1月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

自筆譜は第2次世界大戦後紛失。 ポーランド・クラクフにあるかもしれない。 曲の成立の経緯は不明であり、1776年12月か翌年1月頃と推定されている。 1777年の謝肉祭のために書かれたのかもしれない。 3楽章の構成で、メヌエットで終るのも異例であるため、これは断片とも推測されている。 ロンド形式の終楽章があったはずという説もある。 しかしザスローは「この時代のオーストリアには、第3楽章にメヌエットを伴った3楽章構成の作品が数多くある」ことを指摘し、不完全な作品とする説は誤りであると主張している。

楽器編成はモーツァルトの作品中例外的な位置を占める。 すなわち、4つのオーケストラ(いずれも 2 hr, 2 vn, va, bs)で構成され、第1群のほかは作曲者自身によって「第1エコー、第2エコー、第3エコー」と命名され、役割が明瞭に与えられている。 すなわち全曲にわたって第1オーケストラの旋律をほかの3つのオーケストラが追いかけてゆくのである。 それらのエコーが順に重って、演奏する方も聞く方も楽しむことができる。

このような複数のオーケストラを使うモーツァルトの作品は他に『セレナータ・ノットゥルナ』 (K.239)があるのみで、しかも「ノットゥルノ」という名称で共通している。 それは「夜の(音楽)」を意味するものであるが、どのような機会で演奏するものなのか、できればモーツァルト本人に尋ねてみたい。 また、4つのオーケストラを一度に指揮するのは大変であろうと、編者(森下)は素人ながら想像していたが、参考として下にリンクした動画を見て「なるほど、このような方法があるのか」と納得した次第である。

演奏
CD [TKCC-15057] t=13'24
アーベントロート指揮 Hermann Abendroth (cond), ベルリン放送交響楽団 Rundfunk Sinfonie-Orchester Berlin
1956年4月12日、ベルリン放送局SRKホール
CD [POCL-6027] t=15'57
マーク指揮 Peter Maag (cond), ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra
1959年、ロンドン
CD [ポリドール F35L-21020] t=15'39
ホグウッド指揮 Christopher Hogwood (cond), エンシェント室内管弦楽団 Academy of Ancient Musinc
1983年10月、ロンドン
CD [TELDEC 27P2-2240] t=18'21
アーノンクール指揮 Nikolaus Harnoncourt (cond), ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス Wien Konzentus Musikus
1987年3・4月、ウィーン ※オリジナル楽器使用

参考文献

動画
[http://www.youtube.com/watch?v=MHhZfUDU2LY] t=9'07
Philharmonischen Orchester Freiburg
※テレビ・モニタで指揮をしている
[http://www.youtube.com/watch?v=o432SQdr6_s] (1) t=5'48
Rundfunk-Sinfonie-Orchester Leipzig
Max Pommer

 


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/07/24
Mozart con grazia