Mozart con grazia > セレナード >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25

82
26

83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.375 セレナード 第11番 変ホ長調

  1. Allegro maestoso Allegro maestoso 変ホ長調
  2. Menuetto 変ホ長調(トリオも変ホ長調)
  3. Adagio 変ホ長調
  4. Menuetto 変ホ長調(トリオは変イ長調)
  5. Allegro 変ホ長調
編成 2 cl, 2 hr, 2 fg / 2 ob, 2 cl, 2 hr, 2 fg
作曲 1781年10月 ウィーン / 1782年7月 ウィーン
上記の/で区切られた部分は、/の前は第1稿(1781年)で、後は第2稿(1782年)である。
1781年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



1781年11月3日にザルツブルクの父に宛てた手紙から、宮廷画家のヒッケル(Joseph Hickel, 1736-1807)の妻マルガレーテ(Margarethe, 旧姓 Wutka または Witka)の妹テレーゼ Therese(義兄 Joseph の弟 Anton Hickel と結婚した)のために、聖テレジアの日(10月15日)に作曲されたことがわかっている。 ただし完成したのは15日以前であろう。 そのとき、ヒッケル邸を含めてウィーン市内の3ヶ所で初演された。 初めクラリネット、ホルン、バスーン各2という編成(ヘ長調)で書かれた。 初演は大好評で、楽師たちは3ヶ所を演奏して回り、彼らも稼ぐことができたという。 さらに、10月31日(聖ヴォルフガングスの日)にはヴァルトシュテッテン男爵夫人のところでもされたが、そのとき、「6人の楽師はみすぼらしいなりをしていたが、アンサンブルは見事で、特に第一クラリネットとホルン2本は抜群だった」という。 そのことを父に伝える手紙のなかで、モーツァルトは作曲の動機をはっきりと書いている。

(1781年11月3日)
ぼくがこれを書いた一番の理由は、(毎日そこへやって来る)フォン・シュトラック氏にぼくの作品を何か聴かせたかったからです。 そして、ぼくもちょっと念入りに書き上げました。
[書簡全集 V] p.163
このように、宮廷に仕えていたシュトラック(Johann Kilian Strack)を通して皇帝に自分を売り込むのが一番の動機であった。 彼はヨーゼフ2世が宮廷内で定期的に開いていた室内演奏会でチェロを担当していたほか、楽器や楽譜の管理も任されていたほどの人物であり、ヨーゼフ2世に与える影響は大きかった。 しかし、宮廷での演奏会ではハイドンやモーツァルトの音楽が採り上げられることがなく、ヨーゼフ2世のモーツァルトに対する理解の程度も低かったようである。 ヒッケルを介してシュトラックと知り合ったモーツァルトはグラーベンにあった彼の家をしばしば訪問し親交を深めていた。 宮廷内にはモーツァルトを好む者があまり多くなく、その中でシュトラックは数少ない理解者だったようである。 ザルツブルクから息子を心配する父に手紙で「もし僕が宮廷や貴族たちに嫌われていると思うのなら、そんなことはない。 フォン・シュトラック氏、トゥーン伯爵夫人、ルムベーケ伯爵夫人、ヴァルトシュテッテン男爵夫人、フォン・ゾンネンフェルス氏、フォン・トラットナー夫人に聞いて欲しい」とわざわざ書いているほどである。 ただし、これらの名前を見て、レオポルトはなお心配したかもしれない。皇帝の側近というよりは、音楽仲間みたいな連中だからである。

さらにモーツァルトは、シュトラックには「ウィーンで皇帝に仕えたいという下心」を隠して接し、音楽の話だけをするようにしていたが、もちろんその気持ちを彼が感じとって、皇帝にそれとなく伝えてもらうことを狙っていた。 それが逆に「胡散臭い男が宮廷に近付こうとしている」印象を与えていたようである。 父は息子がもっと上手に振舞ってくれればいいのにと心配していたに違いない。 海千山千の貴族たちが「あることないこと」を噂し、よそ者をコケにするのはお茶の子さいさいだったろう。 シュトラックの働きかけもあって、啓蒙君主ヨーゼフ2世はモーツァルトに対してそれほど悪くなく思ってくれていたようであるが、モーツァルトの希望がかなう前に、皇帝は1790年にこの世を去った。 そして、後継の弟レオポルト2世は宮廷の重要ポストにあった貴族たちを次々に解任し、そのときシュトラックも首にされ、モーツァルトを取り巻く状況は悪化することになる。

1782年7月に大急ぎで2本のオーボエを加え、管楽8重奏にした。 その動機は不明だが、同じ楽器編成のセレナード第12番(ハ短調「ナハトムジーク」K.388)と近接するので、何かの演奏会のために急に必要になるなどの事情があったと思われる。 詳しいことはわからない。

ところで、上記1781年11月3日の手紙で「6人のみすぼらしいなりをした楽士たち」が聖テレジアの夜(10月14日から15日にかけての夜)に3ヶ所を演奏して回ったときモーツァルトの住居まで来てくれたと書いている。

この連中は玄関の門を開けてもらって、中庭の中央に並び、ちょうどぼくが服を脱ごうとした瞬間に、変ホ長調の最初の和音を奏でて、最高に気分よくぼくを驚かせてくれました。
同書 p.163

演奏
CD [PHILIPS PHCP-9159〜60] t=24'41
オランダ管楽アンサンブル
1969年3月
CD [SONY SRSC-8830] t=25'10
ウッダムス Richard Woodhams (ob), ヴルブスキー Rudolph Vrbsky (ob), コーエン Frank Cohen (cl), ストルツマン Richard Stoltzman (cl), ラウチュ Robert Routch (hr), サーキン John Serkin (hr), アービター Eric Arbiter (fg), ヘラー Alexander Heller (fg)
1972年8月13日、マールボロ音楽祭でのライブ
CD [SONY classical SB2K 60115] t=24'36
ダンツィ五重奏団 Danzi Quintet / Masashi Honma (ob), Toshiyuki Hasegawa (ob), Piet Honingh (cl), Harry Bijlholt (cl), Adriaan van Woudenberg (hr), Peter Steinmann (hr), Brian Pollard (fg), Frans Berkhout (fg)
1977年6月、オランダ、ハーレム、Doopsgezinde Kerk
CD [ORFEO 35CD-10083] t=23'12
ベルリン・フィル管楽アンサンブル / シェレンベルガー Hansjoerg Schellenberger (ob), ローデ Peter Rohde (ob), ライスター Karl Leister (cl), ガイスラー Peter Geisler (cl), ザイフェルト Gerd Seifert (hr), クリエール Manfred Klier (hr), ピースク Gunter Piesk (fg), トローク Henning Trog (fg)
1982年11月、ベルリン、イエス・キリスト教会
CD [CHANDOS CHAN 9284] t=23'52
オランダ管楽アンサンブル
1993年
CD [DENON COCQ-83261] t=24'03
ウィーン木管八重奏団
1999年

引用文献

 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2015/02/15
Mozart con grazia