Mozart con grazia > 歌曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29

86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.476 歌曲 「すみれ」 ト長調

  • Allegretto ト長調 4分の2
編成 p伴奏
作曲 1785年6月8日 ウィーン
1785年6月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe, 1749-1832)の詞。 ジングシュピール「エルヴィーンとエルミーレ」のなかの一節であるが、この詞をモーツァルトがどのように手にしたのかは不明。 ゲーテといえばドイツを代表する大詩人であり、その人物とモーツァルトとの唯一の接点となるこの歌曲の誕生に興味は尽きないが、アインシュタインはモーツァルトがこの歌詞と出会ったのは偶然だったと言っている。

なぜなら彼がこのテクストを見いだしたのは、1778年刊のシュテファンの『ドイツ・リート集』(Sammlung deutscher Lieder)のなかであり、そこではテクストがゲーテの名の代りにグライムの名で発表されていたからである。
[アインシュタイン] pp.515-516
つまりモーツァルトはゲーテという大作家を意識していたわけではなく、創作意欲を起こさせる歌詞をたまたま目にしたというわけである。 そのリート集から見出したのかどうかは推測の域を出ないが、ただし自筆譜には「ゲーテの詩による」と書かれてあるというから、作詞者が誰であるかについては知っていたことになる。 当時ゲーテのこの詩は単独でよく知られていて、多くの作曲家が曲をつけていたというので、何かの機会にモーツァルトも作曲しようということになったのだろう。 しかし、その作曲の動機は不明である。 自作目録には歌曲が並んでいるので、それらと同じ目的で作曲され、たぶん仲間うちで演奏して楽しんでいたと思われている。 すなわち「交友曲 Freundstück」の一つであろう。

この詩はゲーテの単独の作品ではなく、最初のジングシュピール「エルヴィーンとエルミーレ Erwin & Elmire」(1773年か74年)の中に含まれているものであり、

エルミーレを深く愛したエルヴィーンは、謙虚な心からあえてエルミーレのもとを去り、そのさい、一片の詩、すなわち「すみれ」を残していった。 それを読んだエルミーレは、彼の真意に気づいてさすらいの旅に出、やがて幸運から彼と再会し、結ばれたという。 「すみれ」はいわば、一夜のジングシュピールの焦点となる、ドラマの象徴にほかならない。
[礒山] p.118
という内容である。 さらに磯山が「男女の役割を逆転させた内容になっていることをたいへん興味深く思う」と書いているように、そこにモーツァルトは目をつけたのかもしれない。 よく知られているように、モーツァルトは最後の2行「かわいそうなすみれよ! それは本当に可愛いすみれだった」を書き足しているが、それは逆転した男女の役割をさらに強調したかったからではないかとも考えられる。 ここでアロイジアに寄せた片思いを連想するのは飛躍しすぎであるが、この詩を選び、自分で歌詞を付け足してまで作曲したことには何らかの気持ちが働いていたと考えることは不自然ではない。 そして仲間うちで歌うとき、純真で可憐なすみれの可哀想な状況を、ある種の残酷な演技をまじえることでより効果を上げたであろうと想像することも。
その内容は、可憐どころではないのではあるまいか。 その実態は、牧場で人知れず起こった惨劇である。 美しいすみれが無残に踏みつぶされてしまうあっという間の出来事を、ゲーテの詩は、何食わぬ顔で、晴朗に歌いだしているのである。
同 pp.117-118
このような謎を秘めた曲であるが、それは3つの節
  1. Ein Veilchen auf der Wiese stand 一本のすみれが牧場に咲いていた・・・
  2. Ach denkt das Veilchen そこへ若い羊飼いの少女がやって来た・・・
  3. Ach, aber ach! ああ、それなのに!・・・
と最後のモーツァルトが加えた2行からなる。 当時の作曲家たちは有節形式で民謡風に曲をつけていたのに対し、モーツァルトは物語の展開に応じて音楽描写を変えていく通作形式で曲をつけている。 その革新的な作曲によりロマン派リートへの展望を開いた傑作と言われている。 曲がどのように展開してゆくかについての解説は礒山著「モーツァルト、二つの顔」をはじめ、多くの書物などで詳しく書いてあるのを見ることができるので、ここでは割愛するが、やはりモーツァルトは只者ではない。
こうしてモーツァルトは、この小曲を、ゲーテのジングシュピール全体に匹敵するような、大きな世界たらしめているのである。
同 p.124

現在、この自筆譜はロンドンの大英博物館にあるという。 なお、余談であるが、モーツァルトがゲーテをどう思っていたかはわからない(何とも思っていなかったらしい)が、ゲーテの方はモーツァルトを高く評価していたことは有名であり、自身の代表作「ファウスト」に曲をつけることができるのはモーツァルトしかいないと言っていたほどである。 そしてまたこれも有名な話であるが、20年以上も前の1763年(モーツァルト7歳)の6月9日、モーツァルト一家は西方への大旅行に出発し、その途中、8月18日にフランクフルト・アム・マインで幼い姉弟の演奏会が開かれたとき、聴衆の中に当時14歳のゲーテがいたのであった。 そして晩年になってもそのときの幼いモーツァルト少年の姿をはっきりと覚えていると語っている。

歌詞
Ein Veilchen auf der Wiese stand
gebückt in sich und unbekannt;
es war ein herzig's Veilchen.
一本のすみれが牧場に咲いていた
ひっそりとうずくまり、人に知られずに。
それは本当にかわいいすみれだった!
Da kam ein'junge Schäferin
mit leichtem Schritt und munterm Sinn
daher, daher,
die Wiese her, und sang.
そこへ若い羊飼いの少女がやって来た
軽やかな足どりで、晴れやかな心で
こっちの方へ近づいてくる
牧場の中を、歌をうたいながら。
Ach denkt das Veilchen, wär'ich nur
die schönste Blume der Natur,
ach, nur ein kleines Weilchen,
bis mich das Liebchen abgepflückt
und an dem Busen matt gedrückt!
ach nue, ach nur,
ein Viertelstündchen lang!
ああ、とすみれは思った、もしも自分が
この世で一番きれいな花だったら、と
ああ、ほんのちょっとの間だけでも
あの少女に摘みとられて、
胸におしあてられて、やがてしぼむ
ああ、ほんの
十五分間だけでも
Ach, aber ach! das Mädchen kam
und nicht in Acht das Veilchen nahm,
ertrat das arme Veilchen.
Es sank und starb und freut' sich noch;
und sterb'ich denn, so sterb'ich doch
durch sie, durch sie,
zu ihren Füßen doch!
ああ、それなのに!少女はやってきたが、
そのすみれには眼もくれないで、
あわれなすみれを踏みつけてしまった!
すみれはつぶれ、息絶えたが、それでも嬉しがっていた
ともあれ、自分はあのひとのせいで
あのひとに踏まれて
死ぬんだから、と!
Das arme Veilchen!
Es war ein herzig's Veilchen.
かわいそうなすみれよ!
それは本当にかわいいすみれだった。
 
西野茂雄訳 CD[BVCO-37429]

演奏
CD [EMI TOCE-7589] t=2'34
シュワルツコップ (S), ギーゼキング (p)
1955年
CD [EMI 7-63702-2] t=2'34
※上と同じ
CD [UCCG 4118] t=2'42
シュトライヒ (S), ヴェルバ(p)
1956年5月
CD [EMI Angel CC30-9018] t=2'33
アメリンク (S), デムス (p)
1969年
CD [DENON 28CO-1864] t=2'35
シュライアー (T), デムス (p)
1975年
CD [PHILIPS 422 524-2] t=2'34
アメリンク (S), ボールドウィン (p)
1977年
CD [PHILIPS UCCP-4085/7] t=2'34
※上と同じ
CD [COCO-78062] t=2'34
白井光子 (Ms), ヘル (p)
1985-86年
CD [WPCC-4666] t=2'43
ボニー (S), パーソンズ (p)
1990年
CD [WPCC-4279] t=2'21
シュリック (Ms), マトー (fp)
1990年
CD [BVCO-37429] t=2'06
ジャーノット (Br), シュマルツ (p)
2005年

引用文献


 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/01/09
Mozart con grazia