Mozart con grazia > 舞曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34

91
35
92

序曲と3つの田園舞曲 K.106 (588a)

    序曲 ニ長調 (1) ニ長調 (2) イ長調 (3) 変ロ長調
〔編成〕 2 ob, fg, 2 hr, 2 vn, bs
〔作曲〕 1790年1月 ウィーン (推定)

自筆譜は紛失。写譜が残る。成立時期について異論があるだけでなく、新作かどうかも疑問視されている。 曲は4分の4拍子の序曲と、4分の2拍子のコントルダンス(田園舞曲)が3つで構成されている。

ケッヘル初版は1770年(14歳時)の作品と考え、K.106 とした。 その年には変ホ長調のメヌエット(K.122)、変ロ長調のコントルダンス(K.123)がある。 また1771年頃に複数のメヌエット(K.103, K.104, K.105)もある。 しかしその後、1880年にノッテボームの修正があり、1790年に位置づけられ、K.588a となった。 ただし、モーツァルト自身の作品目録(1784年から記載が始まる)には載っていない。 また、よく知られているように、死の前年の1790年は極端に作品の少ない(その代わりに、プフベルクに借金を依頼する手紙は多い)年であり、ほかに舞曲は一つもない。 さらに、この K.588a の前後には、『コシ・ファン・トゥッテ』(K.588)と『プロシャ王第2』(K.589)があり、それらに比べるまでもなく、この頃のモーツァルトの作曲技法からして、この K.588a は稚拙であるとも言われている。 新全集は真作から除外した。

エリック・スミスは、1783年のコントルダンス(K.462 / 448b)との類似、また序曲が1782年の行進曲 K.408 と似ていることなどから、自作目録を作る直前の1782-83年頃の作品でないかと推測していた。

〔演奏〕
CD [キング KICC 6039〜46] t=5'50
ボスコフスキー指揮ウィーン・モーツァルト合奏団 Willi Boskovsky (cond), Vienna Mozart Ensemble
1965年
CD [TELDEC WPCS-22042] (1) t=2'14
トビアス・ライザー・アンサンブル Ensemble Tobias Reiser
1978年頃
※デルシュミット編曲
 


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/11/13
Mozart con grazia