Mozart con grazia > 三重奏曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34

91
35
92

三重奏曲 ト長調 K.Anh.66 (562e)

  • Allegro 3/4
〔編成〕 vn, va, vc
〔作曲〕 1790年か91年 ウィーン

断片 100小節。 97小節(展開部の途中)までは全パートが書かれてある。 この曲の成立について従来は、アインシュタインが

われわれから見ると、それは一つの傑作の開始であって、モーツァルトが、彼にとっては数時間の努力にすぎぬと思われる、この作品の完結をなしえなかったことは不可解である。 しかし彼がこの作品を変ホ長調ディヴェルティメント(K.563)のために捨てておいたということが真実らしく思われる。
[アインシュタイン] pp.199-200
と述べているように、1788年9月頃、経済的にどん底の状態にあって、さかんにプフベルクから借金していたので、この曲を借金のお礼と将来の担保として作りかけたが、それを途中で放棄し、かわりに第2メヌエットまで付け加えた大曲 K.563 を書いて、献呈したものと思われていた。 しかしその後、タイソンにより上記の時期と推定され、死によって中断したものとされた。 そうなると変ホ長調 K.563 との関係はなくなり、モーツァルトは別な理由で弦楽三重奏曲を必要としたことになるが、死の年までプフベルクに借金を続けていたので、やはり動機としてはフリーメーソンの同志へのお礼のためかもしれない。
ケッヘル番号は K.563 の直前の K.562e に置かれていたが、このような事情から変更されるものと思われる。

作品としては、アインシュタインの言うように「一つの傑作の開始」であることは間違いなく、したがって完成できなかったことが惜しまれる。

〔演奏〕
CD [KKCC-4123-4] t=4'11
オランダ・ソロイスツ・アンサンブル
1992年
〔参考文献〕


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog
 
2012/09/09
Mozart con grazia