Mozart con grazia > ピアノ・ソナタ >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19

76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.282 (189g) ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調

  1. Adagio 変ホ長調 4/4 ソナタ形式
  2. Menuetto 変ロ長調 複合三部形式
  3. Allegro 変ホ長調 2/4 ソナタ形式
作曲 1775年1月14日から3月6日までの間 ミュンヘン
1774年12月



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
1775年1月






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031




1774年9月、ミュンヘンの選帝侯マクシミリアン3世からオペラ・ブッファ『偽の女庭師』(K.196)の作曲を依頼され、同年12月に初演の予定だったので、モーツァルトは父レオポルトと二人で12月6日にザルツブルクをたち、7日水曜日の午後3時半にミュンヘンに着いた。 しかしオペラ上演には劇場の入りを考慮した制約があるため、『偽の女庭師』の初演はたびたび延期され、翌1775年1月13日に上演された。 そのため、モーツァルトは父レオポルトとともにしばらくの間ミュンヘンに滞在することになった。 そのとき、年齢が近いデュルニッツ男爵(Thaddäus Freiherr von Dürnitz, 1756-1807)という音楽愛好家と親しくなったようである。 モーツァルトは注文を受けて、6曲のピアノソナタを書いたが、この曲はその第4番に当る。 その6曲とは、ハ長調 K.279、ヘ長調 K.280、変ロ長調 K.281、変ホ長調 K.282、ト長調 K.283、ニ長調 K.284であるが、最初の5曲はザルツブルクで作曲され、最後のニ長調 K.284 のみがミュンヘンでデュルニッツのために書かれたと思われていたため、5曲は「ザルツブルク・ソナタ」と総称され、第6番のこの曲が単独で「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれていた。
『偽の女庭師』観劇のため、姉ナンネル(24才)もロビニッヒ夫人(59才)とともにザルツブルクをたち、1775年1月4日にミュンヘンに到着したが、オペラ上演が延期されたことで運良く1月13日の初演を一緒に観ることができた。 それに先立ち、彼女がザルツブルクをたつ前にレオポルトは妻アンナ・マリアに次の手紙を送っていた。

ミュンヘン、1774年12月21日
バッハとバラディエスのソナタのほかに、ナンネルはヴォルフガングの手書きのソナタと変奏曲、それにほかのソナタも、望みのものをいくつか持ってこられるでしょう。 こうしたソナタはたくさんは場所をとりませんから。
[書簡全集 II] p.442
ここで「ヴォルフガングの手書きのソナタ」とあるのが上の5曲のピアノソナタ K.279~K.283 というのである。 すなわちこれらはザルツブルクで完成されていたことを意味しているようであるが、しかしプラートの筆跡研究により今では6曲すべてミュンヘンで「ひとつづきの五線紙に一気呵成に書いた」ものとされている。 また、その自筆譜にはモーツァルト自身が1から6までの番号をつけ、連作であることを意図していたことがわかっている。 余談になるが、デュルニッツは代金をなかなか支払わなかったという。 また、彼はファゴットの演奏でも巧みであり、モーツァルトは「ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調 K.292 (196c)」なども作曲したことが知られている。

この頃はまだピアノソナタの形式が定まっていなく、現代のピアノという楽器もまだ存在していなかった。 しかし誕生しつつあったフォルテピアノという新しい楽器のもつ豊かな表現力により、ピアノソナタというジャンルが大きく花開こうとしていた時期であり、ちょうどそのときに若いモーツァルトの人生が重なっていたことは偶然とは言え、幸運であった。 シュタインが製作した素晴らしいフォルテピアノにモーツァルトが驚嘆するのは1777年のことである。 その少し前にモーツァルトはフォルテピアノという新しい楽器に触発されてピアノソナタを書こうとしたのは、アインシュタインが言うように「モーツァルトは生来のピアニスト」であったからであろう。 1775年初めにミュンヘンで一気に書かれたとされている6曲のソナタについて、アインシュタインは

ハイドンは1773年に6曲のソナタを書いた。 これらは作品13番として翌年印刷されたが、モーツァルトはこれをヴィーン滞在中にすでによく知っていたかもしれない。 こうして、ヘ長調ソナタ(K.280)にとっては、同じ調性のハイドンのソナタがモデルとなったし、変ホ長調ソナタ(K.282)ではフィナーレが全く《ハイドン的》であるばかりか、楽章の並び方の不規則さ、主観性という点で、全曲にハイドン的なものがしみこんでいる。 モーツァルトは完全に自分自身になりきってはいない。
[アインシュタイン] p.332
と評している。 産声をあげたばかりの「ピアノソナタ」というジャンルで、モーツァルトは当時のマンハイム楽派のスタイルを取り入れ、またフォルテピアノという新しい演奏楽器のもつ豊かな表現力の可能性などを手探りしつつ開拓し、連作最後のニ長調(K.284)で「より高い新しい水準に」立つことになった。

その中で、この第4番は特異な存在である。 その一つはアダージョで始まることである。 モーツァルトのピアノソナタは全部で約18曲あり、ほとんどすべてがアレグロで始まる。 例外的なのがこのニ長調と「トルコ行進曲つき」で有名なイ長調(K.331)の2曲なのである。 しかもまた、この2曲のみがメヌエット楽章を持つ点でも特異である。 19歳のモーツァルトがこのジャンルで初めて取り組んだ6曲のソナタの連作中もっとも実験的な工夫を凝らした作品ともいえよう。

演奏
CD [BVCC 38393-94] t=16'47
ランドフスカ Wanda Landowska (p)
1955/56年、コネティカット州レイクヴィル
CD [UCCD-7023] t=10'23
バックハウス Wilhelm Backhaus (p)
1966年11月
CD [DENON CO-3857] t=12'16
ピリス Maria Joao Pires (p)
1974年、東京イイノ・ホール
CD [PHILIPS 28CD-3178] t=11'58
内田光子 (p)
1987年7月、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
CD [DENON CO-3202] t=13'18
ヘブラー Ingrid Haebler (p)
1988年10月
CD [ACCENT ACC 8849/50D] t=15'01
ヴェッセリノーヴァ Temenuschka Vesselinova (fp)
1988年5月、イタリア、Castello Grimani Soelini
※1795年頃に製作されたフォルテピアノで演奏
CD [WPCC-4272] t=14'11
リュビモフ Alexei Lubimov (fp)
1990年1月
※ヨハン・アンドレアス・シュタインが1788年に製作したフォルテピアノのレプリカ(クロード・ケルコム1978年製作)で演奏

編曲版
CD [EMI CDC 7 54102 2] t=14'20
Ransom Wilson (fl), Manuel Barrueco (g)
1990年
Frederic Hand 編曲

参考文献


 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/06/19
Mozart con grazia