Mozart con grazia > 三重・二重奏曲集 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26

83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.410 (484d) アダージョ ヘ長調

  • Adagio ヘ長調 2/2 (27小節)
編成 2 basset-hr, fg
作曲 1782年?(第6版、1785年末) ウィーン
1784年12月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

27小節の小さな作品であるが、アインシュタインが「モーツアルトの最も燦然たる楽曲の一つである」と評したこの曲について、成立の事情はまったく不明である。

モーツアルトは1784年12月14日にフリーメーソンのウイーンにおけるロッジの一つである「善行に向かって進む Zur Wohltatigkeit」に入会し、死ぬまでの7年間、熱心な会員となった。 最初の階級は第1位階の「従弟位階」である。 このロッジは1783年2月2日にゲミンゲン男爵によって結成されたもので、モーツァルトとは1777〜78年にマンハイムで出会っている。 この入信が「アダージョ 変ロ長調 K.411 (484a)」とともにこの曲を作る機会となったと推測されていた。 しかしタイソンは自筆譜の用紙の研究から1782年または83年の作と推定した。

演奏
CD [EMI CMS 7 63810 2] t=1'34
トリオ・ディ・クラローネ Trio di Clarone : Sabine Meyer, Reiner Wehle, Wolfgang Meyer
1986年
CD [EMI CC33-3640] t=1'34
トリオ・ディ・クラローネ(ザビーネ・マイヤー、ヴォルフガング・マイヤー、ライナー・ヴェーレ)
※上と同じ
CD [PHCP-5306] t=1'40
シュタットラー・トリオ Stadler Trio : Eric Hoeprich, Carles Riera, Alf Hörberg
1988年6月
CD [ORFEO C218-911A] t=1'34
ライスター (cl), ガイスラー (basset-hr), ダミアノ (fg)
1990年4月、ベルリン

 


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/03/27
Mozart con grazia