Mozart con grazia > ピアノ・ソナタ > 第14番 ハ短調
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28

85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.457 ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調

  1. Molto Allegro(自筆譜では Allegro) ハ短調 4/4 ソナタ形式、副主題は変ホ長調(再現部ではハ短調)
  2. Adagio 変ホ長調 4/4 ロンド形式
  3. Allegro assai(自筆譜では Molto Allegro) ハ短調 3/4 変則的なロンド形式

作曲 1784年10月14日 ウィーン

自作目録第9番。 作曲の成立ははっきりしている。 7ヶ月後のハ短調幻想曲(K.475)と共に、「フォルテピアノのための幻想曲とソナタ。 テレーゼ・トラットナー夫人のために作曲された」と題され、「作品11」としてウィーンのアルタリア社から出版されているからである。 そのため、この2曲は続けて演奏されることが多いこともよく知られている。

トラットナー氏は書籍出版業を営んでいた。夫人マリア・テレジアには1781年からピアノを教えていた。 モーツァルト一家は1784年にその夫妻の邸宅「トラットナーホーフ」に住んでいたが、手狭なため引っ越している。 そして半月後にこの曲を書いた。 引越し先は今日「フィガロ・ハウス」と呼ばれている。 夫人は同じ名前を持つモーツァルトの第4子テレージアの洗礼立会人を務めてもいた。

このソナタは情熱的で力強い内容と、不気味な雰囲気とをもって、来るべきベートーヴェンのソナタ群を予告するものと評されている。 アインシュタインによれば

このソナタは明らかにきわめて強い興奮の爆発である。 それは『パリ・ソナタ』(K.310)の宿命的なイ短調ではもう表現しきれず、激越なハ短調─ベートーヴェンのハ短調─でしか表現できないものである。 これが《言葉のできる以前のベートーヴェニズム》と言われたのも正当である。 その際もちろん、ほかならぬこのソナタがあのベートーヴェニズムの成立にかなりの役割を演じていることに注目すべきである。
浅井真男訳「その人間と作品」 白水社 p.339
そして
モーツァルトはみずからこのソナタの爆発力に根拠を与え、魂の特別な一状態の成果として是認しようという要求を感じたにちがいない。 それゆえに彼は、1785年5月20日に書いた幻想曲(K.475)をこのソナタのまえにつけて公表した。
同書 p.340
ということになる。 このような作品を献呈されたトラットナー夫人マリア・テレジア(当時26歳)は相当の演奏力量をもっていたのは確かであろう。 夫のトラットナー氏よりも40歳以上も若いことを考えると、「きわめて強い興奮の爆発」とは作曲者と演奏者がともに共有する(できる)メッセージであったかもしれない。 それゆえに、アインシュタインは
このソナタと、そのまえにつけた幻想曲の演奏に対する指示がかつては存在したのだが、失われてしまい、そのためモーツァルトの実践美学の最も重要な事柄がなくなってしまったわけである。 もしかしたらこの指示のなかには、後世に示してはならない個人的な事柄が含まれていたのであろうか?
同書 p.339
とまで想像していたのである。

その2曲の自筆譜は19世紀初頭から行方不明になっていたが、1990年7月アメリカのフィラデルフィアの神学校に保管されていたことが明らかにされ、合せて14ページになる楽譜が同年11月21日ロンドンのサザビーズ社で競売に付され88万ポンド(2億2千万円あまり)で落札された。落札者は不明。
その自筆譜による初録音が渡邊順生氏によりなされ、CD[ALM Records ALCD-1012]に収録されている。

演奏
CD[artephon Berlin ETERNA 0031442BC] t=20'30
Annerose Schmidt (p)
1962年
CD[DENON CO-3860] t=18'33
ピリス Maria Joao Pires (p)
1974年1〜2月、東京、イイノ・ホール
CD[TKCC-15151] t=18'31
レーゼル Peter Roesel (p)
1975年、ドレスデン、ルカ教会
CD[DENON COCO-78748] t=13'18
ヴェデルニコフ Anatoly Vedernikov (p)
1977年、モスクワ
CD[KICC-32] t=19'06
イマゼール Jos Van Immerseel (fp)
1980年9月
※シュタイン・モデル(1788年アウクスブルク)のケレコムによるレプリカ(1978年ブリュッセル)
CD[PHILIPS 32CD-200] t=21'34
ブレンデル (p)
1984年
CD[RVC R32E-1002] t=18'51
ピリス (p)
1984年
CD[EMI CDC 7492742] t=18'53
ナウモフ Emile Naoumoff (p)
1986年12月、パリ
CD[TELDEC WPCS-10376] t=19'09
カツァリス Cyprien Katsaris (p)
1988年12月、ベルリン
CD[ACCENT ACC 8853/54D] t=20'23
ヴェッセリノーヴァ Temenuschka Vesselinova (fp)
1990年1月、オランダ
※シュタイン・モデル(1788年アウクスブルク)のケレコムによるレプリカ(1978年ブリュッセル)
CD[RCA BVCC-131] t=18'49
デ・ラローチャ (p)
1990年
CD[PHCP-10370] t=19'46
内田光子 (p)
1991年5月、大阪〜東京 (ライブ)
CD[stradivarius STR 33343 / Victor VICs-7] t.23'49
リヒテル (p)
1991年 (ライブ)
CD[ALM Records ALCD-1012] t=22'42
渡邊順生 (fp)
1993年11月、入間市民会館
※ホフマン製フォルテピアノ(1800年頃)

 


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2008/12/07
Mozart con grazia