Mozart con grazia > アリア > 「もういいの、私は全てを聞いた」
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30

87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.490
劇唱「もういいの、私は全てを聞いた」
とロンド「恐れないで、愛する人よ」

Scena and rondo for tenor "Non più. Tutto ascoltai. Non temer, amato bene."
編成 T(S), 2 cl, 2 fg, 2 vn, 2 va, vc, bs
作曲 1786年3月10日 ウィーン
1786年3月


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

作詞者不明。 ダポンテともいわれる。 1781年にミュンヘンで初演されたオペラ「イドメネオ」(K.366)が1786年3月13日にウィーンでアマチュアの貴族たちによって、アウエルスベルク(Johann Adam von Auersperg, 1721-95)侯爵邸で演じられることになったので、二重唱「私には言えません」(K.489)とこの曲を作曲した。

自作品目録には「プリーニ男爵とハッツフェルト伯爵のための」挿入歌と記載されている。 これは第2幕第10曲アルバーチェのアリアの差替えとなり、またイダマンテ(テノール)が歌うものなので、その前のレチタティーヴォも「アルバーチェとイドメネオ」の対話から「イーリアとイダマンテ」に変わって上演された。 その演奏会で、この曲の特徴であるバイオリン・ソロの華やかな伴奏は親友のハッツフェルト伯爵が演奏した。 なお、プリーニ男爵(Pulini)については詳しいことがわからない。

演奏
CD [DECCA LONDON 417-756-2] t=9'56
キリ・テ・カナワ Kiri Te Kanawa (S), Rainer Kuchl (solo vn), Gyoergy Fischer (cond), Wiener Kammerorchester
1980年12月、ウィーン、Sofiensaal
CD [Brilliant Classics 93408/5] t=7'17
Nicol Matt (cond), European Chamber Soloists
2006年
 


ハッツフェルト伯爵

August Clemens Ludwig Maria Graf von Hatzfeld, 1754-87

モーツァルトと年齢が近く、また優れたヴァイオリニストでもあったので、1786年に知り合ってすぐ気の置けない交友が始まった。 「イドメネオ」がアウエルスベルク侯爵邸で上演されるとき、シェーナ(劇唱)「もういいの、私は全てを聞いた」のヴァイオリン独奏パートを書いたのは友情の証であった。 その後「ハイドン四重奏曲」を演奏したこともある親しい仲だったが、1787年1月30日にデュッセルドルフで病死。 その早すぎる死を悼んで、モーツァルトは親友のために「ピアノのためのロンド イ短調」(K.511)を作曲したと言われる。  


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2010/05/30
Mozart con grazia