Mozart con grazia > オペラ >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15

72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

K.111 劇場セレナータ「アルバのアスカニオ」

編成 2 fl, 2 ob, 2 hr, 2 tp, timp, 2 vn, 2 va, vc, bs
作曲 1771年8月21日〜9月23日 ミラノ
1771年8月



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
1771年9月






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





序曲 Allegro assai ニ長調

第1幕

  1. Andante 女神たちの踊り
  2. 合唱 「あなたのように優しい、天のヴィーナス、偉大な女神はない」
  3. ヴィーナスのアリア 「お前の枝の木陰を地上の人は待っている」
  4. 合唱(第2曲と同じ)
  5. アスカニオのアリア 「いとしい人よ、遠くにいても、あなたの徳はわが恋に火をつける」
  6. 羊飼いの合唱 「来たれ、いと高い英雄のもとに」
  7. 合唱(第6曲と同じ)
  8. 牧神のアリア 「口では何も言わないが、感謝を忘れたのではない」
  9. 合唱と踊り 「あなたはディアナの心です」
  10. 羊飼いの合唱
  11. 高僧のアリア 「胸に湧く喜びに、おお神よ、心がはずむ」
  12. シルヴィアのカヴァティーナ 「そうです、でも別の恋が私の胸に燃えて」
  13. シルヴィアのアリア 「誠実で、やましくない恋をする人に満足がある」
  14. 羊飼いの合唱(第7曲と同じ)
  15. アスカニオのアリア 「かくも貴い心を、私は語りたい」
  16. ヴィーナスのアリア 「あの美しいまなざしで愛を育てれば、お前の心は皆を魅する」
  17. (精霊たちの合唱(第2曲と同じ)
第2幕
  1. シルヴィアのアリア 「憧れは翼を広げ、わが心は舞い上がって訴える」
  2. 羊飼いの娘たちの合唱 「すでに時はたち、今やいとしい人がやって来る」
  3. 牧神のアリア 「あなたの優しい姿には偉大な心が輝いて」
  4. アスカニオのアリア 「愛する人の前に立ち、苦悩を知りながら」
  5. シルヴィアのアリア 「不幸な愛情よ、このために私は嘆息しもだえる」
  6. 羊飼いの娘たちの合唱 「何と不思議な出来事が乙女を悩ませる」
  7. アスカニオのアリア 「帰ってきて、恋しい人よ」
  8. 羊飼いの合唱(第6曲と同じ)
  9. アスカニオのアリア 「恐れることは何もない」
  10. 羊飼いと水の精の合唱
  11. シルヴィア、アスカニオ、高僧の三重唱
  12. 合唱 「栄光の女神よ、全世界を支配して、地上は幸福で満たされる」

登場人物 .... 初演のときの歌手

パリーニ(Abbate Giuseppe Parini, 1729-99)詞に曲をつけた祝典劇。 モーツァルトは1769年12月から1771年3月までのイタリア旅行で大成功を納めたので、ウィーン王室マリア・テレジア女帝の皇子フェルディナンド大公(1754-1806)とモデナのベアトリーチェ王(Principessa Maria Beatrice d'Este, 1750-1829)の婚儀のために祝祭オペラの注文を、高名な老作曲家ハッセ(Adolf Hasse, 当時72歳)とともに受ける光栄を得た。 作曲依頼は3月末、台本は8月31日に受取り、すぐに作曲にとりかかった。

これはフェルディナント大公とモデナのマリア・リッチャルダ・ベアトリーチェ王女との結婚祝典に際して、女帝の依頼でフィルミアン伯爵が少年に注文したものである。 以前にはこのようなセレナータは一つのオペラ・セリアの三幕のあいだに挿入されるのだが、この場合のように非常に重要な帝室の婚礼の際なので、特別な晩を設けてセレナータを独立で演奏させ、本来の祝典オペラをそれにつづいて上演させた。 この祝典オペラはメタスタジオの『ルッジエロ、まことは、英雄的感謝』をJ・A・ハッセが作曲したもの(ハッセの最後の作品)であった。
[アインシュタイン] p.541
少年モーツァルトは意欲的に作曲に取り組み、9月中には仕上げている。 ただし、この頃、モーツァルトは鼻風邪とカタルに苦しんでいたという。 それでも作曲は猛烈なスピードで進んでいた。 レオポルトはザルツブルクの妻へ伝えているところによれば
(1771年9月12日)
セレナータは、実際はむしろ二部の劇ですが、ヴォルフガングは神さまのご加護で12日あとにはすっかり仕上げられるでしょう。 楽器つき、ならびに楽器なしのレチタティーヴォは全部出来上がったし、8曲ある合唱もそうで、このうち5曲には踊りがつきます。 今日、私たちはバレエの練習を見ましたが、ふたりの主役舞踏手ピックとファヴィエが熱心なのにびっくりしました。
[書簡全集 II] p.289
また、モーツァルトも姉に知らせている。
(1771年9月21日)
おかげさまでぼくは元気です。 長い手紙は書けません。 第一に、書くことがないし、第二に、書きすぎて指が痛みます。 ごきげんよう。 ママの手にキスを。 なんども口笛を吹きますが、だれも答えてくれません。 セレナータのアリアがあと二つだけ残っていますが、それでおしまいです。 友だちのみなさんによろしく。
[書簡全集 II] p.294
1771年10月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


作曲者だけでなく、上演する関係者は皆この機会にかける意気込みは相当なものだったと思われる。 上演までの練習日程は「書簡全集 II pp.308-309」に詳しくまとめられている。 初演は10月15日の婚礼の翌々日の17日に行われ、老ハッセのオペラ「ルッジェロ Ruggiero」を完全に食ってしまった。 ハッセは「この子は今に我々みんなを忘れさせてしまうだろう」と予言したという。 レオポルトの手紙によると、15日は大聖堂で婚礼と祝宴、16日にオペラ、そして17日にセレナータが上演され、18〜20日は何もなく、21日月曜日にまたセレナータが演奏されるはずだったが、あまりの人気に19日にも上演されたほどだった。
(1771年10月19日)
今、劇場に行くところです。 というのは、16日はオペラ、そして17日にはセレナータでしたが、このセレナータはびっくりするほど人気があったので、今日もまたくりかえし上演されなければならないのです。 大公はまた筆写譜を二部お命じになられました。 要するにだ! お気の毒だが、ヴォルフガングのセレナータがハッセのオペラをすっかり打ち負かしてしまったので、私はそれをどう説明してよいのかわからないほどです。
[書簡全集 II] pp.302-303
この大成功を足がかりに、レオポルトは息子をミラノで何らかの安心できる地位が得られるように働いたが、その努力もむなしく、父子は11月5日にミラノを離れることになる。 それから間もなく、マリア・テレジア女帝からミラノのフェルディナント大公に次のような手紙が送られていたのであった。
(1771年12月12日)
あなたはザルツブルク出身の若い人を使いたいと私に頼んで来られました。 私はあなたが作曲家のような役立たずを何故必要となさるのか分かりませんし、信じられません。 勿論それでもあなたがそれで満足なのでしたら否やは申しません。 しかし私が言っているのはあなたが役立たずのことで苦情を言わなければということであって、そういう人達があなたに仕えているかのような肩書きのことまでは含めていません。 そういう人達がまるで乞食のように世界中をほっつき回るとしたらそれは職務を侮辱するものです。 それに乞食には大家族がつきものです。
[ドイッチュ&アイブル] pp.107-108

あらすじ

タイトルにあるアスカニオとは女神ヴィーナスの息子の名前であり、母に代わって地上を統治し、ヘラクレスの娘でニンフのシルヴィアと結婚するように言われる。 シルヴィアは夢の中に現れた若者に恋するが、それがアスカニオだとは知らずに、彼の接近を拒絶する。 やがてアルチェストから夢の中に現れた夫となるべき若者はアスカニオであると知らされ、二人はめでたく結ばれる。
祝典にふさわしく、この劇にはバレエが多く含まれている。 まず短い序曲の後、幕が開くと3人の女神のバレエの場面となる。 続いてアレグロとなり、精霊たちが加わる。 さらに8曲ある合唱のうち5曲(第2、第9、第33の3曲と、第6と第28、あるいは第28と第29の2曲)にも踊りがつくだけでなく、第1部と第2部の幕間(まくあい)に、羊飼いの娘たちや精霊たちの踊りがある。

参考

余談

1771年、モーツァルトは2つの大きな劇音楽が作った。 一つは、オラトリオ「救われしベトゥーリア」であり、もう一つはこのセレナータである。 余談であるが似たようなこととして、1779年から80年にかけて、2つの(のちの「魔笛」と「後宮からの逃走」の先行作と見られている)劇音楽、「エジプト王タモス」のための合唱と間奏曲(K.345 = 336a)とジングシュピール「ツァイーデ」(K.344 = 336b)がある。

演奏<全曲>
CD [NAXOS 8.660040-1] (2枚組) total t=158'33
Venus ウィンザー, Ascanio チャンス, Silvia フェルドマン, Aceste ミルナー, Fauno マニオン, パリ・ソルボンヌ大学合唱団, グランベール指揮ブダペスト・コンチェルト・アルモニコ
1990年9月、パリ・ソルボンヌ
※ 全曲の歌詞付き。ただし邦訳なし。
CD [BRILLIANT CLASSICS 99734/1-5] (3枚組) t=154'15
C. Patacca (S, Venera), M. Beekman (S, Ascanio), N. Wemyss (S, Silvia), T. Allen (T, Aceste), C. McFadden (S, Fauno), Vocaal Ensemble Coqu, Jed Wentz (cond), Musica ad Rhenum
2002年5月、ユトレヒト
※ 全曲の歌詞付き。ただし邦訳なし。

演奏<一部>
CD [Campion Records, CAMEO 2003] (5) t=4'52
ラウニヒ Arno Raunig (Sopranist), Walter Kobera (cond), Amadeus Ensemble Vienna, Wien-Landstrasse Chamber Choir
1989年8月、Bergkirche Wien-Rodaun
CD [RCA BVCC-715] (22) t=6'30, (5) t=9'27, (16) t=3'52
シュトゥッツマン Nathalie Stutzmann (contralto), スピヴァコフ Vladimir Spivakov (cond), モスクワ・ヴィルトーゾ Moscow Virtuosi
1994年7月、ノイマルクト
CD [DECCA 466 196-2] (22) t=3'42
ショル Andreas Scholl (counter T), Sir Roger Norrington (cond), Orchestra of the Age of Enlightenment
1998年12月、Henry Wood Hall, London
CD [東芝 EMI TOCE-55200] (21) t=10'33
ナタリー・デセイ (S), ラングレ指揮ジ・エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団
2000年

 

K.120 (111a) 交響曲 「アルバのアスカニオ」 ニ長調

  1. Allegro assai ニ長調 4/4 (序曲)
  2. Andante grazioso ト長調 3/8 (第1曲アンダンテ)
  3. Presto ニ長調 3/8 (K.120)
編成 2 fl, 2 ob, 2 hr, 2 tp, timp, 2 vn, va, vc, bs
作曲 1771年10月末か11月初 ミラノ

オペラ「アルバのアスカニオ」の序曲を交響曲に転用するために、第1曲アンダンテ(女神たちの踊り)を第2楽章に置き、新たに第3楽章(フィナーレ)用にプレスト(K.120)を作曲したものと思われている。 そのため、K.111a という番号が与えられている。 しかしそのフィナーレの自筆譜はザルツブルク製なので、成立時期はモーツァルト父子がミラノから離れ、ザルツブルクに帰郷した1771年12月15日以後、ザスローによれば「1771年12月後半と1772年10月初めの間のいつかに書かれた可能性のほうが強い」という。

演奏
CD [ポリドール FOOL-20365] t=6'21
ホグウット指揮 Christopher Hogwood (cond), エンシェント室内管弦楽団 Academy of Ancient Music
1978年頃、ロンドン
 

引用文献


 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/04/03
Mozart con grazia