Mozart con grazia > 舞曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32

89
33
90
34
91
35
92

K.568 12のメヌエット

(1) ハ長調 (2) ヘ長調 (3) 変ロ長調 (4) 変ホ長調 (5) ト長調 (6) ニ長調
(7) イ長調 (8) ヘ長調 (9) 変ロ長調 (10) ニ長調 (11) ト長調 (12) ハ長調
編成 2 fl (flautino), 2 ob (2 cl), 2 fg, 2 hr, 2 tp, timp, 2 vn, bs
作曲 1788年12月24日 ウィーン
1788年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



モーツァルトは前年(1787年)12月7日にグルックの後任として宮廷音楽家 Kammermusicus となり、この年(1788年)から職務として宮廷の舞踏会のために次々と舞曲を作曲した。 それを彼の自作目録からひろって並べてみると、

と続いて、この曲にいたる。(もちろん、このあとにも続いていくが) したがって、これは宮廷音楽家として最初のメヌエット作品となる。翌1789年にアルタリア社から出版された。

ところで、宮廷作曲家としてのモーツァルトの年俸は 800グルテン(前任者グルックの半分以下)で、それは家賃と同額だった。 彼自身が「僕の仕事に比べれば多すぎるけれど、僕の才能に比べれば少なすぎる」と語ったと伝えられる。 この頃、経済状態が悪く、さかんにプフベルクに借金していた。

単なる舞曲としてだけでなく、随所に技巧が凝らされているので、華麗な管弦楽曲としても楽しめる。 モーツァルトが好きだったというファゴットがヴァイオリンと対を成すように曲全体を支え、第5曲のトリオではフルートと、第8曲ではクラリネットと協奏曲風に歌い合う。 次のトリオではどんな風になるのかと、聴いていて楽しみになる。 中間の第6曲では、モーツァルト独特の短調の半音階による内面的な動きが不思議な印象を与え、最後の曲では、まるで演奏家を紹介するように、管楽器が一つずつ歌い加わって盛大に閉じる。

演奏
CD [キング KICC 6039〜46] t=24'41
ボスコフスキー指揮 Willi Boskovsky (cond), ウィーン・モーツァルト合奏団 Vienna Mozart Ensemble
1964年
CD [TELDEC WPCS-22042] (7) t=2'42
トビアス・ライザー・アンサンブル Ensemble Tobias Reiser
1978年頃
※ペチュコ(Uschi Petschko)編曲
CD [TECC-30064] (1) t=2'32
ベルガー Hans Berger (zither) and his Ensemble
1989年1月、ミュンヘン、Kleiner Konzertsaal

 


Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/07/10
Mozart con grazia