Mozart con grazia > 舞曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32

89
33
90
34
91
35
92

K.567 6つのドイツ舞曲

(1) 変ロ長調 (2) 変ホ長調 (3) ト長調 (4) ニ長調 (5) イ長調 (6) ハ長調
編成 2 ob, 2 fl (2 cl), fg, 2 hr, tr, timp, tamb, 2 vn, vc, bs
作曲 1788年12月6日 ウィーン
1788年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



同じ月の24日に作られたメヌエットK.568とともに、宮廷劇場での舞踏会のために。 6曲ともトリオ(第5番だけがイ短調で、ほかは皆同じ調性)を持つ。 第6番のあとに全体を締めくくるコーダが付いていて、K.536と組み合わせて演奏するよう想定されている。 その際は、「K.536 第1曲から第5曲まで、K.567 第1曲から第5曲まで、K.536 第6曲、K.567 第6曲」という順番が考えられている。 ヴァイル指揮ターフェルムジーク・バロック [SONY SRCR-8625] はその順で演奏している。

この頃、経済状態が悪く、宮廷作曲家としての年俸800フローリンは家賃と同額で、彼自身が「僕の仕事に比べれば多すぎるけれど、僕の才能に比べれば少なすぎる」と語ったと伝えられる。 この年には、6月26日に「交響曲 第39番 変ホ長調 K.543」、7月25日に「交響曲 第40番 ト短調 K.550」、8月10日に「交響曲 第41番 ハ長調 K.551」(通称「ジュピター」)と晩年の三大交響曲を矢継ぎ早に作っているが、しかし作曲の注文は減り、演奏会の機会もなくなり、そしてよく知られているようにプフベルクに借金を乞う手紙が頻発するのもこの頃からである。 妻コンスタンツェが家計のやりくりが下手だったのか、それとも病弱でバーデンでの療養が必要だったのか、あるいはモーツァルト自身が奔放な生活をしていたせいか、あまりよく分からないが、とにかく一家の経済はどん底だったようである。 モーツァルトは前年の1787年4月に「シューラーシュトラーセの高い家賃の家から郊外のラントシュトラーセの安い家賃の家に引越すことで、年間の家賃を175グルデン軽減していた」が、この曲を作る半年前には、家賃のことでまた引っ越しせざるを得ない状況にあり、プフベルクに借金を申し出ている。

6月17日以前
もしあなたが、1年か2年、1000もしくは2000グルデンを然るべき利子で貸して、私を援助してくださろうという愛と友情をお持ちでしたら、どんなにか日々の仕事の助けとなるでしょう!
そのような金額をすぐに手放すことができないようでしたら、どうぞせめて明朝までに2、300グルデンだけでもお貸しくださるようお願いします。 ラントシュトラーセの家主がひどく無遠慮な人なので、(面倒を避けるために)その場ですぐに支払わなくてはなりませんでした。 その結果、すっかり取り乱されてしまいました。
[書館全集 VI] pp.461-462
これに対してプフベルクは200グルデン送金した。 それは引越しに必要な最低額と思われ、借金の金利がさらに増えただけで、経済状況は少しも改善しなかった。 ひと月もたたないうちに再びモーツァルトはプフベルクに借金を申し出ている。 他方、前年12月27日に生まれた長女テレージアが6月29日に死亡し、また、次男カール・トーマスが9月21日に満4歳の誕生日を迎えている。 しかし、いつものように、モーツァルトは実生活の喜怒哀楽をそのまま作品に反映させるような野暮な作家ではなかった。 自作目録を見てもわかるように、この手紙が書かれた6月から年末までの半年間に最後の三大交響曲を含め、大小さまざまな曲を立て続けに作っている。 さらにスヴィーテン男爵の依頼に応じてヘンデルの作品の編曲(K.566)と演奏も行っており、貧困に押しつぶされることなく、音楽活動は旺盛だった。

この作品に密接に関連するK.536が全体に穏やかな雰囲気であるのに対し、それに続いて演奏されることが想定されたこの曲は華やかな調子で、高揚した気分に包まれる。

演奏
CD [キング KICC 6039-46] t=9'55
ボスコフスキー指揮 Willi Boskovsky (cond), ウィーン・モーツァルト合奏団 Vienna Mozart Ensemble
1966年3・4月
CD [SONY SRCR-8625] t=19'14
ヴァイル指揮 Bruno Weil (cond), ターフェルムジーク・バロック管弦楽団 Tafelmusik
1991年2月、カナダ、オンタリオ、Center in the Square, Kitchener
※K.536と合わせて、上記の順で演奏

参考文献


 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/07/10
Mozart con grazia