Mozart con grazia > オペラ >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27

84
28
85
29
86
30
87
31
88
32
89
33
90
34
91
35
92

オペラ・ブッファ「カイロの鵞鳥」 K.422

2幕7曲 (未完)
L'oca del Cairo - Opera buffa (dramma giocoso) (fragment)
〔編成〕
〔作曲〕 1783年7〜10月 ザルツブルクとウィーン

ヴァレスコ(Gianbattista Varesco)詞。 1783年7月、モーツァルトは新妻コンスタンツェを連れてザルツブルクの父のもとへ出かけた。 その目的は妻を父と姉に紹介し、気まずくなった関係を修復しようと思っての帰郷だった。 しかし、コンスタンツェはあまり温かく迎えられなかった。 このとき作曲者と作詞家とで話がまとまり、第1幕ができたのでモーツァルトは意欲的に取り組んだが、それに応じてヴァレスコは作詞を進めなかったので、作曲を断念した。 モーツァルトは『騙された花婿』(K.430)の作曲に打ち込んでゆく。

登場人物は以下の通り。 [アインシュタイン] p.570

〔あらすじ〕

ドン・ピッポ侯爵は妻ドンナ・パンテーアが死んだと思っていて、ラヴィーナに恋している。 彼は自分の娘チェリドーラをカサヴォータ伯爵と結婚させようとするが、彼女には恋人ビオンデルロがいた。 そこでチェリドーラとラヴィーナを塔に閉じ込め、ビオンデルロに1年以内にそこに行けたら認めることを約束する。 ラヴィーナに恋しているカランドリーノは、からくり鵞鳥を作り、その中にビオンデルロを隠し入れて塔へ運び入むことを考える。 数々のドタバタがあったのち、ドン・ピッポは二人の愛を許す。しかも死んだと思っていた妻と再婚するという滑稽劇。

〔演奏〕
CD [TOCP 67726] t=3'01
チルドレン・コア・オブ・ラジオ・ソフィア, 45人のエジプトのミュージシャン, Milen Natchev指揮ブルガリア交響楽団
1997年

〔参考文献〕

 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

2011/06/05
Mozart con grazia