Mozart con grazia > 交響曲 >
17
age
61
5
62
6
63
7
64
8
65
9
66
10
67
11
68
12
69
13
70
14
71
15
72
16
73
17
74
18
75
19
76
20
77
21
78
22
79
23
80
24
81
25
82
26
83
27
84
28
85
29
86
30
87
31
88
32

89
33
90
34
91
35
92

K.550 交響曲 第40番 ト短調

  1. Molto allegro ト短調 2/2 ソナタ形式
  2. Andante 変ホ長調 6/8 ソナタ形式
  3. Menuetto : Allegretto ト短調 3/4 複三部形式
  4. Allegro assai ト短調 2/2 ソナタ形式
編成 fl, 2 ob, 2 fg, 2 hr, 2 vn, va, bs
作曲 1788年7月25日 ウィーン
1788年7月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


よく知られているように、モーツァルトは「三大交響曲」と呼ばれる変ホ長調(K.543)・ト短調(K.550)・ハ長調ジュピター(K.551)の3曲を1788年6月26日から8月10日までの短期間で仕上げている。 そしてその期間の短いことに驚く人も多い。 この時期はなぜか家計が苦しくなり、4月には3曲の弦楽五重奏曲ハ短調(K.406)、ハ長調(K515)、ト短調(K516)をプフベルクの所で予約販売する広告を出したがさっぱり売れず、5月7日にはウィーンで「ドン・ジョヴァンニ」が初演されたが、ウィーンでの上演は年内に15回されただけで、以後モーツァルトの死後まで二度となかったなど、経済的に困窮状態に陥ってゆく最中であり、そしてプフベルクに借金をさかんに申し出ようになっていた時期でもあることがよく知られている。

1788年6月17日
あなたが私の真の友人であることを、そしてあなたが私を正直な男だとお考えになっていることを確信していますので、私は元気が出て、自分の心を打ち明け、次のようなお願いを申し上げる次第です。 私の生まれつきの率直さに従って、あれこれと体裁を飾らず、本題そのものに入ります。
もし、私に対して愛と友情をおもちになり、千ないし二千グルデンを一年か二年の期限で、適当な利子をとってご用立て下さるならば、それこそ私が仕事をして行くのに大助かりとなります!
[手紙(下)] p.136
モーツァルトがどれほど困った状態にあるかをプフベルクは承知していたようで、即刻応じて200フローリン送金している。 ただしそれは依頼者の言う「何の心配もなく、自由な気持ちで仕事をするために必要な大金」ではなく、引越しの費用として「せめて明日までに数百グルデンだけでも貸して欲しい」という申し出に対するものだったようである。 それほどの大金が必要だったのは、6月29日に長女テレジアが病死したり、7月21日にコンスタンツェの姉ヨゼファ(30才)がヴァイオリニストのホーファー(33才)と結婚したりという家庭の事情もあったのだろう。 また、この時期にこれほどの大作を急いで3曲も用意することになった動機を伝える資料はないが、やはりその動機としては演奏会のためと考えるのが自然である。 その根拠として、ト短調交響曲の場合、初稿になかった2本のクラリネットを加えていることと、第2楽章を改訂していることが指摘されている。
19世紀には、モーツァルトの最後の三曲のシンフォニーは、生前には演奏されなかったというのが神話になっていた。 その理由は単純で、「演奏された確証がないから」というものであるが、筆者はこれらのシンフォニーがウィーンで演奏されたばかりでなく、写譜の形で外国にも渡っていたという証拠があると確信している。
[ランドン1] p.171
ロビンズ・ランドンは変ホ長調K.543の自筆譜とは異なるところがある写譜がフィレンツェの大公図書館やブダペストのエステルハージ家古文書などに現存することと、このト短調K.550にクラリネットを追加したことをあげ、「こうした手入れを、モーツァルトが単に道楽でやると思うことは全く不可能である」と断言している。 すなわち、演奏する機会があったからこそ、「作曲者はもう一度パート譜を調べて、直したいところに手を入れる」ことになったのである。

クラリネットを書き加えた時期は不明(1791年4月頃?)であるが、そのときオーボエのパートが変更された。 その第2楽章の改訂は1789年2月以前と推定されている。 実際に演奏した可能性があったかもしれない機会としては、2回知られている。 その一つは1790年10月15日フランクフルトであった。

慈悲深き許しを得て1790年10月15日金曜日、楽長モーツァルト氏は市立大劇場で自己のための大演奏会を催す。
第1部  モーツァルト氏の新しい大交響曲。 シック夫人の歌うアリア。 楽長モーツァルト氏の作曲、演奏によるフォルテ・ピアノのための協奏曲。 チェカレリ氏の歌うアリア。
[ドイッチュ&アイブル] p.236
1791年4月




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
ただし、この新しい大交響曲が何なのか確認できない。 次に知られているのは1791年4月16日と17日にウィーンの宮廷劇場で開かれた音楽芸術家協会の音楽会である。 そのときアロイジアの歌うアリア(おそらくK.419)などの曲とともに、サリエリの指揮により演奏されたかもしれないといわれている。 その演奏会にはクラリネット奏者シュタードラー兄弟(アントンとヨハン)が出演しているので、クラリネットを追加する必要があったかもしれないからである。 ただしこれにはロビンズ・ランドンが疑問を投げかけている。
しかし自筆譜の中で、後から加わったパート譜用紙の透かし模様は、一枚の例外を除いて、この曲の主要パート譜にある透かしと同じである。 このことは、モーツァルトが本来の自筆譜に完成後ただちに改訂を加えたことを示し、また1788年の演奏会のためにその改訂を行なったことを物語っている。 これらの改訂は決して引き出しにしまっておくためになされたわけではないのである。 この事実は誇張ではない。 モーツァルトは最高の現実主義者だったので、もっぱら目先の特定の演奏会用の作品しか完成させなかったからである。
[ランドン2] p.48
彼は1788年の秋に連続予約演奏会があったはずで、そのために作曲したと推測している。

このト短調交響曲は一見すると感傷的で優美な印象があるが、複雑で高度な内容を持ち、中でもフィナーレの展開部は調性の拘束を越えて20世紀の音楽を先取りするほど衝撃的である。 その大胆な転調をアインシュタインは「魂の深淵への墜落」と評した。 そして続けて「この転調は同時代人には脱線と見えたにちがいないが、この脱線からモーツァルトだけが再び理性の道に戻りえたのである」と述べている。

この作品はト短調という調性(モーツァルトの交響曲のうち短調作品は第25番K.183とこの第40番K.550だけであり、ともにト短調であることも有名である)にも関連し、聴く者に強烈な印象を与え、それだけに多くの本で採り上げられ詳しく解説されている。 ここで同じようなことを書いたり、あるいは引用を繰り返すことは野暮であるので、ザスローの言葉でしめくくることにしたい。

モーツァルトの交響曲の中で、この作品ほど多くの論評を喚起した作品はなく、《ジュピター》でさえこれには及ばない。 何百ページものプログラム解説はいうまでもなく、膨大な数の批評や分析が、さまざまな言語で出版されてきた。
(中略)
きわめて多くの論考や単行本がK.550の奇跡的な構造や効果を説明・分析しようと書かれてきた。 遠隔な転調と執拗な短短長格リズムのある、激しいがしかし叙情的な第1楽章について、これ以上なにが書けるだろうか。
[全作品事典] p.265

演奏
CD [KING K33Y 192] t=24'12
フルトヴェングラー指揮 Wilhelm Furtwängler (cond), ベルリン・フィル Berlin Philharmonic Orchestra
1949年6月、ヴィースバーゲンでのライブ
CD [POLYDOR POCG-9536/7] t=26'20 ; 1962
ベーム指揮 Karl Böhm (cond), ベルリン・フィル Berlin Philharmonic Orchestra
1961年12月、ベルリン
CD [ANF S.W. LCB-102] t=25'37
ベーム指揮 Karl Böhm (cond), ベルリン・フィル Berlin Philharmonic Orchestra
1976年9月、ベルリン、ライブ
CD [CLASSIC CC-1035] t=27'02
ベーム指揮 Karl Böhm (cond), ベルリン・フィル Berlin Philharmonic Orchestra
1977年
CD [ポリドール FOOL 20373] t=35'31
ホグウッド指揮 Christopher Hogwood (cond), エンシェント室内管弦楽団 Academy of Ancient Music
1982年3月、ロンドン、Kingsway Hall
CD [Polydor GPA-2008] t=30'44
バーンスタイン指揮ウィーン・フィル
CD [Membran 203309] t=26'49
Alessandro Arigoni (cond), Orchestra Filarmonica Italiana, Torino
演奏年不明
CD [LA FORTE LF-1001] t=27'12
大澤健一指揮, ハーツ室内合奏団
2002年11月、三鷹市芸術文化センター(ライブ)

編曲
CD [キング KKCC-2035] t=35'39
ニーウコープ、オールトメルセン (og)
1988年
※ ツェルニー編曲
CD [APOLLON APCZ-2006] (1) t=7'36 (2) t=6'36
セントラル・パーク・キッズ
1990年
CD [TOCP 67726] (1) t=4'48
チルドレン・コア・オブ・ラジオ・ソフィア/45人のエジプトのミュージシャン
1997年
CD [PCCY 30090] (1) t=4'25
ディール (p), ウォン (bs), デイヴィス (ds)
2006年
CD [BICL 62193] (1) t=3'11
近藤研二、松井朝敬(ウクレレ)
2006年
 


引用文献
 

Home K.1- K.100- K.200- K.300- K.400- K.500- K.600- App.K Catalog

 
2011/02/06
Mozart con grazia